彼氏に嘘がバレたらどうする?言い訳次第で別れる原因になる

彼氏にウソがばれて喧嘩になることは珍しくありません。
結論から言えば変な言い訳はせずに、素直に謝るのが一番です。
言い和kを繰り返すと、彼氏からすればまるで自分の非を認めようとしていないように感じてしまう恐れもあります。
そうなると彼氏の怒りを増大させて、最悪別れの原因位なることもよくあることなのです。

さらに彼氏におウソがばれてしまった時に、事実を認めずにシラを切り通したり、さらに言い訳を重ねるために嘘の上塗りだけはいけません。

ただし自分の言い訳に絶対の自信があるのなら「嘘も方便」ということもあるので話がややこしくなりますよね。
言い訳をするのは潔くない?
確かにそうともいえますが、隠し通すことが二人にとって良いこともあります。
ただしそのためには論理的で自分の正当性を証明しうるだけのものであり、それには知的で高度な言い訳をしなけれbななりません。
言い訳に聞こえない言い訳の地震があるならそれもありっちゃありかもしれません。

さて、話が少しずれてしまいましたね。
本題に戻りましょう。

そもそも「彼氏にウソがばれた時の謝り方」について考えてみましょう。
それには彼氏の怒りの状態に合わせることが大切です。、
実は男性と女性では怒りのポイントがズレていることもよくあるのです。
このずれが謝り方に置いて大きな失敗の原因にもなるのです。

男性はその出来事に対して怒っています。
しかし女性はその出来事に対して傷ついた自分の気持ちについて説明しようとします。
このズレがなかなか本人にも気づかないのです。

そこでまずは
彼氏に対してはまず嘘をついた事実に対して素直に謝る
ように心がけましょう。
彼氏の怒りの頂点の時にはいくら謝っても受け入れてくれないこともあります。
そんな時には無理に謝るのは諦めて、少し時間をおいて怒りのピークが過ぎた段階で謝るのもいいかもしれません。

彼氏にウソがばれた時に、言い訳はあまり通用しないことは肝に銘じておいてください。
復縁 可能性 元彼

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です