保険診療と自由診療を組み合わせて先進医療を受ける

医療には2つの診療があります。
それは
・保険診療(公的な医療保険がきくもの)
・自由診療(公的な医療保険がきかないもの)
です。
ここできをつけないといけないのが保険診療と自由診療の併用はできない場合が多いのです。
この一連の診療の中で「保険診療」と「自由診療」を組み合わせて行う「混合診療」では保険がきく部分も含めて全額自己負担となります。
しかし新しい先端治療をである先進医療や未承認の薬など、将来的に保険適用するか評価するための「評価療養」や、患者の希望により選択される「選定療養」の名合には例外的に保険診療と自由診療の併用は認められていあmす。

これらを「保険外併用療養制度」と呼ばれていますので、気になる方は調べてみてください。
あくまで基本的には「保険診療」なのですが、それとは別に患者が特別料金を負担することで先端の医療が受けやすくなります。

患者は先進医療や選定療養の分は全額自己負担歳、保険適用診療は通常の診療と同じく自己負担2~3割となります。
保険外併用療養費制度pを実施している医療機関は、』その内容や費用を院内に掲示しています。
事前一両内容やかかる費用を詳しく説明を受けてから受けるようにしましょう。

■医療保険(保険診療)との併用が認められている「選定療養」の内容
①特別な療養環境の提供(差額ベッド)
②予約診療
③時間外診療
④200床を超える病院の身照会患者の諸新(紹介の無い初診)
⑤200床以上の病院の再診察
⑥制限回数を超える医療行為
⑦180日を憩える入院
⑧歯科の金合金など
⑨金属総義歯
⑩小児う触(虫歯)の指導管理

■先進医療を実施している医療機関は厚生労働省のホームページでチェック
先進医療は医療技術ごちに」一定の基準が設定されており、それに外というする医療機関は届け出により「保険診療との併用ができあmす。
その一覧は厚生労働省のホームページで閲覧できます。

ただ、いくらお金がかかってもかまわないと高齢の親にまで先進医療を受けさせるのはよく考えてから決断してください。
人間には寿命というものがあります。
それはいくら先進医療でも超えられない壁なんです。
介護職 やってられない

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です