早寝早起きの朝型、遅寝遅起きの夜型、これ生まれつきなの知ってましたか?

慢性化してしまっている睡眠不足の解消法は
自分に必要な睡眠時間をしっかりと毎日確保するようにする
ことしかありません。
それには
「何時間得るか?」
も大事ですが
「何時ごろに寝るか?」
注意してください。
人間の身体には体内時計というものがあります。
この人間の体内時計は一日24時間を一定の周期を刻んでいるのです。
例えるなら海外旅行に行った時に感じる時差ボケもその一例です。
現地では真昼間なのに、昼間に眠気が襲ってきてしょうがないという時差ボケは誰しも経験済みのはずだと思います。
この時差ボケは身体の体内時計が来るているからです。
しかしこの一日24時間という周期も体内時計ではあやふやなものなのです。
この周期が24時間よりも短い人もいれば長い人もいます。
だからこそ朝起きたのなら窓のカーテンを開けて太陽の光をしっかり浴びる。
このことが体内時計のリセットに行こうなことはご存知だと思います。

ここで注意したいのが
「朝型人間」
「夜型人間」
の二種類の人がいることです。

この体内時計の短い人ほど眠気を催す時間も早くなり
いわゆる早寝早起きの「朝型人間」になりやすいといえます。
逆にこの周期が少し長い人ほど
小曽根遅起きの「夜型人間」になりやすいものです。
この「朝型人間」と「夜型人間」の睡眠のタイプは「クロノタイプ」と呼ばれ
300ほどの遺伝子が関係していると言われています。
ということは生まれつきで「朝型人間;か「夜型人間」か?
決まっているともいえます。
ですから
生まれつき「朝型人間」の人が「夜型人間」になる。
生まれつき「夜型人間」の人が「朝型人間」になる。
というのはかなり大変なのです。
たとえば「夜型人間」の人がいくら早い時間に就寝しても、あまり眠くならない、眠れない?ということもあるのです。

就寝時刻は自分が朝型人間なのか?夜型人間なのか?で決めるほうが理想的です。
ただこの黒のタイプは年齢と共に変化してきます。
幼い子供が夜早く眠くなるように、
10代以降は夜型人間委なりやすいものです。
しかし、それも40代以降には朝型人間委移行して行き
高齢になると朝方人間委なりやすいのです。
お年寄りの朝が早いもはこの理由です。
NELLマットレス 店舗

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です