看護師の仕事場はどんなところが多い?男女比は?

多くの看護師は「病院」や「診療所・クリニック」で働いています。
ただ医療の多様化で「訪問看護ステーション」「老人ホームなどの介護施設」「健診センタ^」など働く職場の種類が増えてきました。
また、看護師は女性が8割とほとんどをしめいますが、最近では男性看護師も徐々に増えてきています。

2018年の統計調査では看護師は全国で約121万円が働いているとされています。
その内訳はこのようになっています・
①病院  61%
②診療所 21%
③介護施設19%
④保健所・市町村3%
⑤訪問看護ステーション2%
⑥その他’学校・助産院など)3%

いかがですか?
かなり看護師の職場も多様化してkているように感じませんか?
最近ではこれらの職場以外に航空会社や製薬会社などの企業でも活躍する看護医師経験者も増えてきています。

看護師の職場で最も一般的な病院や診療所では看護師の仕事とはどんあものでしょうか?

病院では診療の補助および入院生活の援助や看護が主な仕事です。
ここでは看護師の裁量に制限がある一方で、迷った時やわからないことがあった時には同僚や先輩看護師に相談することで自分お技術や知見も高めることができます。
また教育体制も充実している病院もたくさんあり、スキルアップのための上級資格を目指すこともできます。
病院での看護師の仕事は大変であありますが、その後の転職や産休・育休明けの復職の際にはその県権や知識は大きな武器となります。

また高齢化社会の今、在宅の高齢者に訪問看護という分野でも看護師の活躍の場があります。
通院できない高齢者に医師に帯同して診察を補助する仕事です。
さらに患者さんの自宅で医師に代わって必要な処置をすることもあります。
また介護や医療に関して家族からの相談も受けます。
病院や診療所に比べて、看護師自身が判断しないといけないこともたくさなるので、大変ですがやりがいのある仕事でもあります。
さらに介護という分野と深くかかわるため、他業種の介護職やケアマネージャーや福祉器具貸与業者などさまざま業種と連携しなければなりません。
看護師 求人 ブランク可

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です